白血病になった時の話

人生で二度白血病にかかりました(現在は寛解しています)。その時の記憶を遡りここに記していきます。

1日の過ごし方・体力低下対策・病院食について

今回は当時の入院生活での

 

  • 1日をどう過ごしていたか
  • 体力低下対策
  • 病院食

 

について思い出していこうと思います。

 

1日の過ごし方

  • 調子が悪いとき

治療後の数日間は副作用でダウンしてることが多かったです。

 

1日中ベッドの上でぐったりでご飯もまともに食べれていませんでした。

 

部屋を出るのはトイレの時ぐらいです。

 

吐きそうなときはガーグルベースっていう吐く用の器とにらめっこしてました。

 

 

段々調子が良くなってくると試しに水分を摂ったり、食べやすいゼリーから食べていました。

 

口の中が気持ち悪くて中々食べたい気分にならないんですよねぇ。

 

食べて吐いちゃうのも嫌でしたし・・・。

 

  • 調子が良いとき

ゲーム好きだったのでPS2や64、GBAなどを持ち込んでゲームばっかりしていましたw

 

あとはテレビを見たり、DVDを見たり。

 

9時消灯だったんですがテレビってそれぐらいから面白い番組やるんですよね^^;

 

なんで暗い中テレビつけて見てました。

 

巡回してくる看護師さんに毎回早く寝ろ言われてましたねえw

 

あとはマンガも沢山読みました。

 

ノートパソコンはありましたが無線なので速度が超遅くて気の短い僕はすぐやらなくなりましたね^^;

 

携帯電話を買ってもらってからは同級生とちょっと連絡とったり、当時はやってたHPツクール?的なのを使って自分のページを作ったりもしてました。

 

(当時の記憶があればもう少し見やすいブログにできたかもw)

 

テレビカード・ゲーム・DVD・マンガ・ノートパソコン・携帯電話と両親にはすごく沢山買ってもらいました。

 

今思えば凄い出費だったと思います。

 

病気だったとはいえとても申し訳ないです・・・。

 

体力低下対策

入院中は基本的にほとんどベットの上にいて動きません。

 

元から運動嫌いで全然ない体力が更になくなりますw

 

そんな時に一部の患者さん達が体力低下対策として、夜に人の居なくなった外来を散歩しているのを知ってそれに混ぜてもらうことにしました。

 

ずーっと一日中ベッドの上にいるよりかは絶対マシです。

 

その他にもベットの上で簡単に出来る腹筋とかもしました。

 

意外と馬鹿にできなくて毎日続けてると体力も筋力もちゃんと付いてくるんです。

 

だけど治療が始まると副作用が辛くてダウンするので、また体力がなくなっていくんですよね。

 

意味がないじゃんって思えてきて結局やめました。

 

病院食

不味いです^^;

 

前の病院が良かったので更に悪く感じます。

 

(また、前はおやつが出ましたがここは無いです。)

 

病院はホテルじゃ無いのでこんな文句を言っても仕方ないんですが、

 

 

本当に美味しくなかったんです(涙)

 

 

卵焼きに謎の食材を混ぜてドライヤーで乾燥させた様な料理が特に不味かったのを覚えています。

 

母親や父親が来てくれる時は、料理を作ってきてもらったり、ファーストフードを買ってきて貰ってそれを食べてました。

 

それ以外は売店カップ麺を買って食べたり、食パンを焼いたり、米にバターと醤油をかけたりお茶漬けにしたりして食べていました。

 

病院食はパンやご飯などの主食以外はほとんど食べていないと思います。

 

病院食は栄養やカロリーを計算して作られているんでしょうけど、それを食べずにこんな食生活を送ってたので身体に悪かったろうなと思います^^;