白血病になった時の話

人生で二度白血病にかかりました(現在は寛解しています)。その時の記憶を遡りここに記していきます。

入院生活の始まり

 

大きい病院へ

紹介状を持っていざ、大きい病院を受診しました。

 

診察してもらった時の事は全く覚えていません。

どんな医者にどんなことを言われたのかとか。

 

この時の自分は辛めな風邪にかかったぐらいの気分だったのかもしれません。

そんな感じだったから記憶がないのかも。

 

診察が終わり、小児科に入院する事になりました。

中学2年生でも小児科なんだってこの時は思ってたかも。

物心ついてから入院するのは初めてでした。

 

 

快適な入院生活

部屋は個室でした。

(今思うと個室に入れられる人は重症な人が多い気がします)

 

初めての入院生活は意外と快適でした。

 

  • テレビ使い放題

よくあるテレビカード制のテレビじゃなかったので使い放題でした♫

(テレビカードはテレホンカードのテレビ版みたいなもの)

 

個室だから周りに配慮する必要もないので音出してゲームしてましたねw

任天堂64とかゲームボーイアドバンスとか持ち込んで遊んでました^^

元々ゲーム大好き人間でゲームさえ出来れば退屈しない人間だったので、テレビが無限に使えるのはうれしかったです。

 

 

  • 部屋備え付けの電話がある

しかも外線もつながります♪

家に直接かけれるので携帯を持ってなかった当時はありがたかったです。

 

 

  • 食事が美味しい

これ結構重要です!

 

というのも食べ物にはうるさいガキだったんです。

クソガキですw

クソガキでしたw

 

でもこの病院の料理は本当に美味しくてあまり食べたことのないメニューも出ていたので新鮮でした^^

特に家では出たことのなかった三食丼が印象的でした。

2つのメニューから選べる選択メニューってのもありましたね。

 

 

  • おやつが出る

小児科だからかおやつまででるんです!

3時のおやつ♪

もちろんポテチとかではないですがw

詳しくは覚えてませんがパンかなにかが出た記憶があります。

 

 

なにより!

看護師さんと喋るのがすごく楽しかったんです。

毎日熱や血圧を測りに来てくれるのが楽しみでした^^

(子供じゃなかったら気持ち悪いですねw)

 

同じゲーム好きな看護師さんが仕事関係なく喋りに来てくれてことを覚えています。

何を話したかまでは覚えていないんですが、楽しかった記憶があります♪

 

それにかわいい人が多かったです!

(中2のクソガキが何をいうかw)

年上好きになったのは入院生活のだと思ってますw

 

 

危機感は全くなかったと思う

抗生物質を使っていたおかげで熱も時期に下がっていきました。

そしてこの割と快適な環境。

いくつか検査はしていたと思いますが苦痛なものはなく。

あんまり行きたいと思ってなかった学校にも行かずに済んでいる。

 

この時の自分に危機感は全然なくて、まだまだ気楽に過ごしていました。