白血病になった時の話

人生で二度白血病にかかりました(現在は寛解しています)。その時の記憶を遡りここに記していきます。

輸血について

寛解導入療法を終えて、今度は地固め療法をしていくことになった僕。

今まで使ってきた抗癌剤に加えて他の抗癌剤も使うことが増えていきました。

その過程で著しく血小板が下がることが幾度かありました。

それはかなり危険なことなので、その都度輸血が必要になります。

 

輸血とは

一般的には事故などで大量に出血した人が血を補う為にするものと認識されてるのではないかと思います。

白血病患者の場合は治療で下がった赤血球、血小板を補う為のものです。

 

何が危険?

赤血球(ヘモグロビン)が低くなると貧血を起こしやすくなります。

貧血が凄いと歩くこともままなりません。

本当に酷くなると視界が真っ白になっていくんです。

 

血小板が低くなると傷から血が止まらなくなったり、痣が出来やすくなります

言ってしまえば

『うっかりベッドに足をぶつけた!』

それが命取りになる可能性だってあります。

僕も何もしてないのに鼻の中が切れ、鼻血が出て中々止まらないという事が何度かありました。

 

白血球は基本的に輸血はしません。

自力で回復していくのを待ちます。

(他にも増やす方法がありますが、当時はしませんでした)

 

どんな風に輸血するのか

僕も1度目の白血病で数回した事があります。

パックに入っていて、赤血球は血そのものの赤黒い色をしています。

血小板は黄色く濁った色です。

輸血出来るのは同じ血液型の血液のみです。

 

点滴と同じように管から流していきます。

はじめはゆっくり少しずつ流していきます。

理由は稀にアレルギー反応が出る可能性があるからです。

僕は特別酷いアレルギーも無く、無事に終えることが出来たと記憶してます。

因みにもし強いアレルギー反応が出たら残りの輸血は中止し破棄するしかありません。

 

献血の事情

以前にTwitterのアカウントで以下のツイートをしました。

 

頻繁に献血を募集する理由は血に消費期限があるからです。

赤血球なら21日間で、血小板なら4日間で使用できなくなってしまいます。

とても短いです。

 

街中で募集している人はよく

『〇〇型の血液が不足しています!』

と呼びかけをしています。

恐らく、これだけあれば安定して供給できる!という在庫の量が決まってるのかもしれません。

 

献血するには

献血センターに行けば出来ると思います。

何故思いますと言ったかというと、僕は行ったことが無いからです(^_^;)

というのも僕にはもう一生献血出来る資格が無いからです。

 

献血するにはいくつか条件があります

血液疾患に罹った事がない、輸血歴がない等、日本赤十字社のページで定められていますので詳しくはそちらをご覧下さい。

 

さいごに

僕がこうして今生活出来ているのはどこかの沢山の親切な方々が献血してくれたお陰です。

この場を借りてお礼申し上げます。

本当にありがとうございました!

 

そして献血未経験の方。

もしよろしければ上のツイートを拡散してくれると嬉しいです。

献血していただけたらこれ程嬉しいことはありません(^ ^)

 

読んでいただきありがとうございました。